2015年02月01日

にきびと食べ物の関係はある?


にきびと食べ物は関係が有るのでしょうか?


皆さんが思っている以上に、にきびと食べ物には、深い関係があると思ってください。


にきびを増えている場合に普段、口にしているものに可能性があることがあります。

例えば、糖分の多いものや脂っこいものを好んで食べている人は、にきびができやすいです。


こういった食べ物は皮脂の過剰分泌を生んでしまい、毛穴を詰まらせてしまいます。

毛穴が詰まると中で炎症が起こり、にきびができてしまうという訳です。

そのため、にきびを予防・改善したいのであれば、お菓子や肉類を食べ過ぎないように
心がけることも大事ですね。

そして、にきびに悪い食べ物があれば、逆にいい食べ物もあります。


ビタミンAやビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル、コラーゲン、食物繊維などを
多く含む食べ物は、にきび改善に有効です。

特にビタミンCは、非常に大切な栄養素ですから、積極的に摂ることを
心がけると良いですね。

緑黄色野菜やフルーツなどにビタミンCは多く含まれているので、野菜中心の
食生活にすることもにきびの改善に効果的です。




敏感肌のための、本当に正しいニキビケアは!



posted by nikibi at 07:00| 敏感肌 ニキビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。